Small house in Tokyo

夫婦二人、長らくの海外生活を終え、小さな賃貸から再出発! 肩肘張らず、少しおしゃれで都会的な部分もありつつ、それでいて...

代官山の古き良きイタリア風オープンカフェ カフェミケランジェロ

カフェミケランジェロ in 代官山

 

仕事を始めてから、一日一日をこなすのが精一杯でお金を稼ぐことの大変さを久々に味わっています。

慣れない仕事と職場に身を置くのは良い環境であれ悪い環境であれ、身体も精神もぐったり疲れ果てますね。

土日祝は一分一秒を大切に過ごしたいと思うので、この日は朝早くから代官山へ出てオープンカフェへ入って「憧れの東京生活」を満喫してきました。

 

カフェミケランジェロ

 

カフェミケランジェロ

住所: 〒150-0033  東京都渋谷区猿楽町29-3
TEL. 03-3770-9517
FAX. 03-3770-3554

営業時間- 11:00〜 (22:30 L.O.)
定 休 日- なし

 

Image Description

古き良きイタリアのカフェをコンセプトに、ヨーロッパの雰囲気と存在感を漂わせている開放的なカフェ。

床はテラコッタタイルで、重厚でいて軽やか。

恵比寿から代官山へ向かって歩いていると、閑静な住宅街は空間を贅沢に使ったいわゆるお金持ちが住んでいるのが

ひとめでわかる建物ばかり。広めの道にはランナーの姿がたくさんあり、しかもみんな本気のラン。

そしてこんなおしゃれなカフェでひと時を過ごす。これこそ都会で住む醍醐味ですね。もちろん、そんな暮らしをできるのは一握りの人だと思いますが。。

Image Description

レモンタルト。

タルトは柔らかめ。フィリングは結構サワーでおいしい。

外国風のおいしさ。こういうカフェでは、あまりに洗練された日本のケーキは敢えて出さないというスタイルなんでしょうか。

本場イタリアで出て来そうなケーキというのがまた良いんでしょうね。

Image Description

 

Image Description

 

Image Description

目の前には蔦屋書店があります。

実は目的はこちらの本屋さんの方。専門書などはやっぱり渋谷のジュンク堂などに行った方が良いけど(実際に結局はそうしたのですが)

プラスアルファーが楽しめる本屋さんなので遠くてもたまに訪れようかと思える。
 

Image Description

至福の時でした。

 

 

辻村深月「家族シアター」 家族の集いに思う家族のこと

この度、祖父の20年祭が家族の間で厳かに執り行われました。

大好きだった祖父は私が大学1年の夏に入院し、そのまま帰らぬ人となりました。上品でダンディーな所が自慢の祖父でしたが、感情を表に出す事はなく、いつもじっとロッキングチェアーで新聞を読んでいるような人でした。

それでも私が大学合格の報告をした時、「俺は幸せな男だ」と祖父に言わしめたこと、それは今でも私の人生のプライドでもあり心を温かくする祖父との思い出でもあります。

 

Image Description

宝塚にある「若水」の2F「山茶香」にて。

平日にも関わらず姉や弟は休みを取って、何時間もかけて子連れで実家へ戻ってきました。長年海外暮らしで家族の集まりなどに参加できなかったので、こういった夏の集いが懐かしく感じました。

Image Description

会席だったので一品一品楽しみます。

Image Description

川が臨める開放的なホテル若水は食事、客室、お風呂全てにおいて極上のひと時を過ごすのには最高の場所です。 

喧噪から抜け出した宝塚という、温泉街の面持ちを残した土地が醸し出す街全体の落ち着いた雰囲気も魅力ですね。

Image Description

 

帰りの新幹線で読んだ辻村深月の「家族シアター」は、久々の家族の集いで昔に思いを馳せていた私の心に染み入り、嗚咽するほどに涙を流してしまいました。

特に姉と妹の話は、妹の立場からすると理解でき過ぎて辛くもあり悲しくもあり、今すぐにでも姉に謝りたい気持ちになりました。

 

妹は姉に嫉妬し、勝手に対抗心を燃やす。自分が勝っていることに優越感を感じ、自分自分となってしまうけれど、姉はまた違う感情を妹に持っているのだと、私も似たような経験があったことを思い出す。

その頃、人生が上手く行っている姉と比べては劣等感を抱き、影で批判するような事ばかりを吹聴し、姉の言葉の1つ1つに勝手に被害妄想を抱いては嫌な感情を増幅させていた。

そんな中で遠く離れた姉の家を訪れた時、リビングに飾られていたのは私が書いたイラストの数々でした。決して上手いとは言えないけど、自分なりには得意だと思っている絵を、姉はインテリアにしてくれていたのです。

それを目にした途端、つきものが取れたように心が軽くなって、全て順調で社交的な姉も、やはり家族を大切に考えているのだと知って、急に今までの自分の言動を後悔したのでした。

 

夏は切なく、儚く、一生懸命に走り抜ける季節。振り返った時にそれは力強く輝いて、いつまでも鮮やかに色濃く残る。

今年の夏も、きっと一瞬で駆け抜けて行くんだろうから、二度と手にできない今を大切にしていこうと思う。

 

Image Description